慢性湿疹(アトピー性皮膚炎など)

湿疹・皮膚炎

湿疹・皮膚炎は最もありふれた皮膚病です。湿疹・皮膚炎は痒みを伴い、皮膚は赤くなり、小さなブツブツや小さな水疱ができます。時間がたつと、皮膚の表面がカサカサになり、皮膚が厚くでこぼこになるなどの変化が現れます。

湿疹・皮膚炎にはアトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、脂漏性皮膚炎、などがあります。特別に分類されない一般的な湿疹・皮膚炎もあります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は顔、首、肘や膝のくぼみに痒みの強い湿疹が出現し、長い間続きます。接触皮膚炎はいわゆる“かぶれ”のことです。漆などの植物、化粧品などの化学物質や金属など多くの物質が接触皮膚炎の原因になります。皮脂欠乏性湿疹は皮膚が乾燥することが原因で湿疹になります。皮脂欠乏性湿疹は中高年に発症しやすく、秋から冬にかけて悪化します。脂漏性皮膚炎は頭や顔に出現します。毛包に寄生するピチロスポルム菌に対するアレルギーが原因と考えられています。

湿疹・皮膚炎の治療

湿疹・皮膚炎に対してはステロイド外用薬と抗ヒスタミン内服薬による治療が基本となります。治りにくいアトピー性皮膚炎に対しては外用薬や内服薬に加えて紫外線治療を行います。当院ではナローバンドUVBやUVA1を用いた紫外線治療を行っています。接触皮膚炎は原因を確かめて、原因を取り除くことが大切です。接触皮膚炎の原因を確かめるためにパッチテストを行います。皮脂欠乏性湿疹に対しては保湿剤を外用して皮膚の乾燥を防ぎます。脂漏性皮膚炎には抗真菌薬の外用治療が有効です。

アレルギー

アレルギー症状は近年増加の一途をたどっています。アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、薬物アレルギー、気管支喘息、など原因や症状の種類は様々ありますが、中には生死に関わるほどの症状が出るものもありますので、不調を感じたら早めの受診をお勧めします。

イボ

一般に「イボ」と呼ばれるものには、目に見えないような小さな傷から感染して広がるイボと、老化現象のひとつとして広がってくるイボがあります。

高齢の患者さんが、「イボが最近大きくなってきた、かたちが変わってきた」とおっしゃる場合、それが皮膚癌であることもあるので注意が必要です。

ニキビ(保険診療)

顔や胸、背中などに生じて毛包や皮脂腺が炎症を起こしている状態です。

治療について

日常生活の注意、洗顔指導のほかに、菌の繁殖を抑えるための飲み薬や塗り薬、ビタミン剤や漢方等の治療法があります。また、面ほうが目立つ場合には圧出、女性ではホルモン治療が有効なこともあります。 以上の治療で改善が得られない場合には、ケミカルピーリング、フォトフェイシャルアクネス、YAGレーザー等があります。

蕁麻疹

一時的に皮膚が敏感になり、赤くもり上がってかゆみを生じ出没をくり返します。数日以内で消える急性型と何ヶ月も続く慢性型があります。食べ物があわずに生じることも時にありますが原因は多くの場合はっきりしません。風邪、過労など本来健康な人でも体調がよくない時に生じることが多いようです。治療は原因に関わらず自分にあった内服薬を服用することでおおむね抑えられますので、症状が強い場合皮膚科の受診をお勧めします。

水虫

正式には、足白癬(あしはくせん)といいます。白癬菌という、カビの一種が皮膚に感染して生じるものです。

診断

見た目だけで水虫の診断はできません。似たような病気は他にもいろいろありますので、皮膚科できちんと顕微鏡で「カビ」がいるかどうか、みてもらいましょう。

治療

塗り薬は以下の方法を守って塗りましょう。

  1. 毎日最低1回
  2. 広めに(指の間や足の裏全体、症状がないところも)
  3. 最低3~6か月間

治療のコツ

カビは湿った湿度の高い所が好きです。カビの住みにくい環境をつくりましょう。

  • 汗等で湿った靴下をはきかえる
  • サンダル等をはいて風通しよく
  • お風呂場の足ふきマットは家族と共用しない
  • 靴は2足は用意して、交互に乾燥させたものを履く
  • 軽石でこすらない(小さなキズから水虫菌が入りやすくなります)

爪の水虫について

爪が水虫菌に感染すると、白く濁ってボロボロにもろくなります。
最近は、よい飲み薬があります。また、必ずしも飲み薬が必要とは限らない場合もあります。

詳しくは専門医にご相談ください。

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、ある日突然に、手のひらや、足の裏に小さな水疱(すいほう)が出てきて、それらがだんだんと膿(うみ)をもった膿疱(のうほう)に変化をして、そして皮膚が乾燥してはがれ落ちる症状です。

一時は良くなったようになりますが、すぐに再発します。これを何度も繰り返すうちに、かゆみより、痛みを感じることが多くなります。

検査しても病原菌は見つかりません。

水虫とは異なり、小さな水疱や膿疱は指の股には出来ません。

全身に広がることはありません。

季節とも関係なく年中発生します。

掌蹠膿疱症は、他人には感染しません。

ひどくなると、骨や関節の痛みを伴います。

尋常性乾癬(かんせん)

皮膚から少し盛り上がった赤い発疹の上に、銀白色のフケのようなカサカサがついた皮疹ができるのが特徴です。

頭、肘、膝、おしりなどにできやすく、からだ中に広がることもあります。乾癬の部分の皮膚は新陳代謝が活発になっており、免疫反応も起きています。

胃腸・内科

当院では胃・大腸内視鏡(カメラ)検査によるがんの早期診断・治療を専門分野としております。

苦痛の少ない内視鏡検査や、ポリープ切除・がんの手術、肝臓、胆のう、すい臓など消化器疾患全般の診療を行っています。

胃腸や内科におけるお悩みはお気軽にご相談下さい。

その他

ピアス

メディカルダイエット

症例・施術