治療内容一覧

スーパー・フォト・セラピー

スーパー・フォト・セラピーは、顔全体の若返りをはかる治療です。年齢を増すごとに目立ってくる顔の色素沈着(しみ、くすみ)、小ジワ、毛穴の開き、頬・小鼻などの浮き出た毛細血管への治療、そしてニキビ、ソバカス、更に脱毛、肌質改善などいろいろなお悩みに同時にお答えできる最先端の光治療、それがスーパー・フォト・セラピーです。このスーパー・フォト・セラピーを実施する機器である"メディラックス"は、アメリカの大手医療レーザーメーカー、パロマ・メディカルテクノロジーズ社がハーバード・メディカル・スクールの研究者と共同開発し、1997年、FDA(アメリカ連邦食品医薬品局)の承認を受けた最新医療機器です。

スーパー・フォト・セラピーの特徴と効果

  • 肌へのダメージが少ないので、照射後洗顔やお化粧がすぐできます。
  • 顔のくすみ、しみ、赤ら顔、毛細血管拡張、毛穴の開きなどに対して高い治療効果があります。皮膚のアンチエイジング療法で求められる治療の殆ど全てを安全に行うことができます。
  • 活動性のニキビに対してもしっかりとした効果が期待できます。

レーザー治療との違いは?

レーザー治療もスーパー・フォト・セラピーも光を用いるという点では同じです。レーザーは単一の波長の光のみ、一方スーパー・フォト・セラピーでは数種の波長を同時に照射することが特徴の1つです。レーザーは治療する疾患によって波長の選択が必要のため、結局は機器を交換しなければなりません。疾患によって波長を選ぶ(機器を交換)必要があること、また高エネルギーでの使い分けを必要とするレーザーは、効果の反面で術後の回復に時間を要すること、治療後の赤みや、一時的な色素沈着を起こすことが短所でした。

光治療(スーパー・フォト・セラピー)は?

スーパー・フォト・セラピーは、単一ではなく複数の波長の光を同時に照射することができるのが特徴です。そのため、メラニン色素の関係する疾患(しみ、くすみ)を治療した結果として、メラニンへの作用のみならず、お肌の細胞への適度な熱作用によるコラーゲン産生促進効果として、肌のハリやツヤを生み、シワが目立たなくなる、などの幅広い効果が同時に期待できます。またスーパー・フォト・セラピーは1照射に長いパルス幅(照射時間)を採用しているため、メラニン等のターゲットにマイルドに熱吸収され、皮膚内部でのダメージが少なく、その安全性の高さも大きな特徴です。ノーペイン、ノーダウンタイム、幅広い治療効果、これが最新の光治療です。

レーザー脱毛

当院の脱毛はフォトフェイシャルによる光脱毛で、従来の脱毛法とは違い痛みを伴わず、さらに肌の調子を整え、素肌の持つ本来の美しさへと改善します。

レーザー光は特定の色を感知してその部分にだけ集中的に熱を加えるなど反応させられる、という特質を持っています。この特徴を生かし、毛根部分にある黒い色素(メラニン)のみを熱破壊し脱毛するのが、医療レーザー脱毛と呼ばれるものです。周囲の皮膚に反応することはないので、やけどや色素沈着の心配もなく、ほぼ永久的な脱毛ができます。

レーザー脱毛の特徴

  • 短時間で脱毛が行えるたとえば両ワキならわずか5~7分前後で脱毛可能。
  • 毛を伸ばしておく必要がない。
  • 痛みがほとんどない。(個人差があります)
  • 全身どの部位でも照射可能。アトピーや皮膚の弱い方にもおすすめ。
  • 毛穴が目立たなくなり肌のキメが細かくなる。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸とは、元来人体の真皮層に存在する多糖類のことで、水と馴染みやすいため、保水力が高く、安全に肌のハリや弾性を保つのに役立ちます。ふっくらとした造形の形づくりや自然な若さを取り戻すことができるため、「ヒアルロン酸注射」はプチ整形の代名詞とも言われています。

ボトックス注射

メスを使わずにしわを目立たなくする方法で、ほうれい線や目じりのしわなどの表情じわに非常に効果的です。

また、他にも小顔効果やふくらはぎを細くするなどにも有効です。

イオン導入

イオン導入は、微弱な電流で有効成分を肌の奥深くまで届ける治療です。肌の表面にはバリア機能があり、せっかく有効成分を塗っても肌の深部まで届きません。イオン導入では有効成分がバリア機能を通り抜け、肌の奥深くまでたっぷりと栄養を届けることができます。特にレーザーやIPL(光)治療後のイオン導入は特に効果的です。15分程度の短時間でお気軽にできますので、一度お試しください。

導入する成分

ビタミンC:

毛穴の引き締めや美白・ニキビ治療に効果的。

※当院のビタミンCはアミノ酸が配合されていますので、ビタミンC導入後のツッパリ感がほとんど感じません。

ベータカロチン:

ベータカロチンが不足すると、皮膚や粘膜の上皮細胞が乾燥して角質化が起こり、その結果、お肌が荒れたり、粘膜の角質化によってウイルスや細菌に侵されやすくなりので、お肌にベータカロチン補給をすることでビタミンAに変わり皮膚細胞のダメージを修復し、健全なお肌の状態を取り戻します。

  • 滑らかな皮膚の表層(角質層)
  • バリア機能の正常化
  • 保湿力と弾力性の向上
  • 細胞の成長と分裂の促進
  • 規則的な色素配列
  • 健全なコーラーゲンやエラスチンの生成(正常化)

などの効果が見込まれます。

有効な症状

しみ・しわ・くすみ、にきび・にきび跡、毛穴の開き、脂性肌・乾燥肌・ミックス肌(水分と油分のバランスを調整)、色素沈着など

※その他あらゆる肌トラブルにも効果がありますので詳しくはお問い合わせください。

施術内容

メイクを落としてから開始します。

マイナスの電極を皮膚に当て、プラスの電極を手に持って電流を流します。ほとんど痛みもありません。

施術後はお化粧して帰れます。

施術時間

10~15分程度です。

ピーリング(グリコール酸ピーリング)

ピーリング(peeling)とは「皮をむく、剥ぐ」という英語です。美容皮膚科でいわれているピーリングとは皮膚の最外層の角質の一部を削ることです。

歳をとると皮膚の角質のターンオーバーが低下し、古い角質層が厚く堆積するようになるため、皮溝が乱れ、厚ぼったくくすんできます。ひどくなると、お年寄りのこめかみによくみられる、黒い「かさぶたじみ」を形成します。そこで、皮膚表面の角質の外層をはがすことにより、皮溝を整え、柔らかい白い肌を再現するのです。

歳をとった人ばかりのためのものではなく、皮膚の奥から汚れをとり古い角質も除去するので、年齢を問わず、すべすべ効果や美白効果を得ることができます。

また、毛穴の角質を取り除けばニキビも改善しやすくなることから、ピーリングはニキビ治療にも有効です。

プラセンタ

皆様の「若々しい素肌を永遠にキープしたい」。そんな女性の願いを叶えるのが、このプラセンタの力。生命力にあふれた胎盤から生成された多くの美肌効果を持つ成分で、このプラセンタエキスを皮下に注射することで、肌自体の潜在能力を最大限に引き出していく効果が見込まれます。

プラセンタとは『胎盤』のことです。原料は、日本人のお母さんから分娩時にいただいた、『胎盤』です。プラセンタ注射は、・肝機能障害・更年期障害・乳汁分泌不全として、保険適応のある医薬品です。 しかも、50年以上の歴史ある、安全なお薬です。 そして驚くことは、重篤な副作用が1例も無いということ。 西洋医学では、どうにもならなかった不定愁訴に効果があるそうです。肌荒れ、乾燥肌、生理痛、 冷え性、更年期障害、うつ病、肩こりなどなど。内科・整形外科・産婦人科で専門の 先生が、プラセンタ治療に積極的に取り組んでいらっしゃいます。美容的には、 シミ、くすみ、しわ、はり、たるみ、きめの改善、即ちアンチエイジングの効果が 期待できそうです。

実際の治療

上腕や臀部などに、皮下または筋肉注射をします。極細の針で注射をしますので、痛みはほとんど感じません。治療間隔は、症状の程度によりますが、週1~2回から月1回程度です。医師にご相談下さい。

※治療前に血液検査を行う場合がございます。

にんにく注射

にんにく注射はニンニクにたくさん含まれているビタミンBが主成分です。注射するとニンニクのような香りがすることから名付けられました(にんにく臭はすぐ消えます)。実際の効果としては、にんにくを大量に食べたとき以上にとても元気がでます。疲労が蓄積しているときや風邪のひき始めには絶大な効果があります。にんにく注射の最大の特徴は、疲労回復の即効性です。ビタミンB群以外にいろんな種類のビタミン剤や元気が出るお薬が配合にんにく注射・点滴をご用意していますので、まずは医師にご相談下さい。

しみ/しわ治療

加齢によるシミ・シワ・たるみ・くすみなどのお肌の悩みを解消すべく、さまざまなアンチエイジング施術を行っております。一人一人のお悩みや体質に合わせた治療が可能です。

症例・施術